太陽光発電ガイド

太陽電池の価格比較や補助金情報など太陽光発電導入をサポート

気候・自然環境保護に役立つ太陽光発電の価格比較と選び方を紹介。The Climate Conservancy (TCC)。

2012年に起きた3.11の東日本大震災ならびに福島第一原発事故を受けて、今クリーンでエコな自然エネルギーが注目を浴びています。中でも、太陽光発電はその発電効率や風力など他の自然エネルギーに比べ導入しやすく事業所や家庭で普及が進んでいます。

当サイトでは、太陽光発電を導入するメリットや導入方法、各自治体における補助金の有無など太陽光発電導入を検討する方向けの各種情報を提供しています。

導入費用や、発電効率、ソーラーパネルの価格など、様々なメリットとデメリットをよく比較した上で、太陽光発電の導入を検討しましょう。

日本における太陽光発電の可能性

太陽光発電は太陽からのエネルギーを受けるという発電特性のため、緯度によって効率性に違いが生まれます。したがって、低緯度ほどエネルギーの受容量が大きくなります。また、晴天が多いなど天候に恵まれることも発電量を大きくする上では重要なポイントです。

日本は、中緯度地帯にあり、湿潤な気候の土地であるため砂漠地帯や乾燥した土地などに比べると発電効率が低くなりますが、それでも1年間で日本に降り注ぐ太陽のエネルギー量は同じく1年間に日本全体で消費されるエネルギーの100倍ほどという膨大なものです。仮に、先ほど挙げたシリコン系のpn接合型の太陽電池(ネルギー変換効率は15%前後)を日本の国土10%に敷き詰めることができればすべてのエネルギーをまかなえるという計算になります。

しかし、実際には日本の国土はアメリカの砂漠地帯で見られるようなメガソーラーを数多く設置できるような平地は少ないため、すべての消費エネルギーを太陽光のみで賄うことは今のところ現実的とは言えません。したがって、既存の火力、水力、原子力、地熱などの発電方法を組み合わせながら徐々にその割合を高めていくというのがこれからの目指すべき発電モデルです。

補助金/助成金を活用して太陽光発電システムを導入する

太陽光発電システムは高価なものであるため設置・導入のコストが高いというのが難点ですが、この設置費用に対して、国や都道府県、市区町村が補助金を交付しています。この補助金を上手に利用することで太陽光発電の導入コストは実質低く抑えることができるよになります。国からの補助金と都道府県からの補助金、市区町村からの補助金は重複して受け取ることが可能なため、最大限にこの制度を活用すると大幅に費用を抑えることができます。東京都新宿区の場合、最高で合せて110万円にも上ります。

このような補助金制度は、現在の社会情勢を鑑みると今後も長く続いていくことが予想されるため、いずれは各家庭で設置しない方が損になるという状況になるでしょう。しかし、日本の財政は厳しいものであることから希望者全員に希望したその時に補助金が支給されるとは限りません。今後普及が全国的に進んで行った場合、補助金を受け取れない人が出てくることも予想されます。(所得制限が設けられたり、順番待ちになることも考えられます。)

したがって、最適なタイミングで太陽光発電のシステムを導入することが重要となってきます。太陽光発電の導入費用は太陽電池の生産コストが下降するにつれて下がることが予想されますが、同様に普及が進み電気代が安くなれば給付される補助金も下がることも考えられるためです。

こうした、導入・非導入だけではなく、設置のタイミングについても費用面のメリット、デメリットが生じてくるのでそのあたりを予算などとも併せて見極めることが大切です。

新着情報

太陽光発電の家庭への導入
太陽光発電の家庭への導入』の続きを読む
太陽光発電が注目される理由
太陽光発電が注目される理由』の続きを読む
太陽光発電の仕組み
太陽光発電の仕組み』の続きを読む