太陽光発電が注目される理由

そもそも太陽光発電がこれほど注目されるようになった背景には、福島第一原発事故の影響だけではありません。これまで我々がエネルギー元としてきた、石油や石炭などの化石燃料の枯渇やそれらを消費する際に発生する二酸化炭素などの温室効果ガスによる地球温暖化の影響など我々の生活を取り巻く環境が大きく変化しているためでもあります。

それら化石燃料の代替エネルギーとして、地熱や風力などと共に太陽光は注目を集めています。これまでは発電効率が低かったことやコスト高だったこともあって普及が進みませんでしたが、技術革新と低コスト化の実現によって代替エネルギーとしての価値を高めてきています。

太陽光のエネルギーは無尽蔵で、地球全体が1時間で受け取るエネルギーで全世界の1年間のエネルギー需要を賄えるほど莫大なものです。

太陽光発電の特徴

太陽光発電の特徴には、次のようなものがあります。

  • エネルギーの元である太陽光がタダで無尽蔵に利用でき、枯渇する心配がない
  • 世界中のだれもが平等に太陽光を受け取ることができる
  • 無公害-石油や石炭などのように温室効果ガスや有害物質、窒素酸化物を排出しない
  • 騒音がなく、設備のメンテナンスが容易、故障も少ない
  • 設置場所を選ばず比較的ように設置できる
  • 太陽光が当たっている時しか発電しないため天候に左右されやすく、夜は発電できない
  • 太陽光発電システムは高価で電気代が高くつく
  • 大規模な発電をするためには広い設置面積を必要とする

このように、現状ではデメリットが少なからずあるものの、予想される技術革新や大量生産による低コスト化を考えるとデメリットを補ってあまりあるメリットが将来においては非常に大きいと言えるのが太陽光発電の特徴です。